勤怠管理システムの基本的知識について

バナー

勤怠管理システムの基本的知識について

勤怠管理システムは、タイムカードの収集を、オートマチックに行うことができる先端的なシステムです。

タイムカードは、従業員の勤怠管理には、欠かすことができないものです。

コトバンクに関するご質問を解決いたします。

従業員が出勤した際、業務終了する時に、ペーパーのタイムカードを、専門の器材に入れると出退社の時刻を、それぞれの場所に打刻します。



これについては、勤め先に出勤した日には、必須条件として一人一人が行い、職務の時間内の勤務を、したことを実証することを、目的に行うものです。

企業には締日があるわけですが、勤怠管理は締日の次の日から、当月の締日の1か月のマネージメントとして実行する事になり、月の報酬の裁定として、活用されていくのです。
昼間の職務は、時間内における勤務が、的確にとり行われていたかどうか、そして時間外の仕事があれば、何時間時間外の仕事をしたのかを、算定して月の報酬に、現わしていくことになります。


所定の勤務する時間を、満たせないケースでは、有給で対処がされているのかなどの勤怠の管理を行ない、月の報酬に作用させていきます。

勤怠管理システムにおいて、規定外労働の時間は、オーソドックスな勤務する時間とは相違して、別途計算をして、給料を払うことが求められ、タイムカードに打刻されている時刻を、計算して残業代を、はじき出すのです。

ここへ来て、勤怠管理システムにおいて、タイムカードに記されている時刻を、PCにインプットをして、オートマティックに計算を実施する事もできるようになっています。