勤怠管理とタイムレコーダーについて

バナー

勤怠管理とタイムレコーダーについて

タイムレコーダーは現在時刻を紙のタイムカードやICカードなどを利用して打刻するための機能が在り、タイムカードの場合はタイムレコーダーに挿入することで挿入した時間をカードに打刻し、ICカードの場合は、専用のハードウェアにカードをタッチするだけで、タッチした時間を保存することが出来ると言った特徴が在ります。

タイムレコーダーの役割と言うのは、時間を打刻させることにありますが、打刻された情報は勤怠管理に活用する事になります。

タイムレコーダーの勤怠管理はとにかくお勧めです。

勤怠管理は従業員の勤怠状況を使用者が把握する事、それぞれの従業員が把握する事、そして把握は両社が行う事を目的としており、毎月の給料に反映される事になります。


タイムカードに記録されている情報は、出社時刻と退社時刻の2つになりますが、出社時刻には定時出社と遅刻の2通りが在ります。一方、退社時刻には定時退社、早退、そして残業と言う3通りが在り、残業については普通残業時間と深夜残業時間の2つが在ります。



記録されている情報を基にして勤怠管理が進められていくことになりますが、定時出社と定時退社と言うのが勤怠管理の基本であり、ここから遅刻や早退の有無を確認し、一日の所定労働時間が満たされているかどうか、退社時刻が残業時間になっている場合は、一日の残業時間が何時間なのか、1か月間の残業時間の合計と、普通残業時間と深夜残業時間を区別して集計を行うと言うのが、タイムレコーダーを利用した勤怠管理になります。

wikipedia情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。